その日運命に出会っちゃったみたいな

グランブルーファンタジーはじめました

画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画像

フルメタル・パニック! アナザー1 (富士見ファンタジア文庫)フルメタル・パニック! アナザー1 (富士見ファンタジア文庫)
大黒 尚人 四季 童子

富士見書房 2011-08-20
売り上げランキング : 100

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


・著者:賀東招二、大黒尚人
・イラスト:四季童子
・レーベル:富士見ファンタジア文庫


・あらすじ
ミスリルとアマルガムの戦いから十数年後。市之瀬達哉は陣代高校へ通う、機械いじりが好きな普通の高校生。無難な人生を楽しんでいた達哉だったが、ある日暴走した正体不明のAS(アーム・スレイブ)に突如襲われてしまう。達哉が「殺される!」と思った瞬間、目の前に現れたのは謎の少女アデリーナだった。しかし、大怪我を負っていた彼女は、善戦虚しく倒れてしまう。達哉はアデリーナと妹を守るため、触れたこともないASへ乗り込むことに。その決断が、彼の運命を大きく変質させていく。
(wikiより転載)

・イラスト
前作『フルメタル・パニック』での担当者と同じ

・キャラ
フルメタと比較して性別での立ち位置が真逆になってる。
主人公が日常。ヒロインが非日常。という役割。
キャラの掛け合いも読んでて楽しい。




・総評
デビュー前の新人起用ってので『え? こいつ誰? しらねーし、地雷??』と思って敬遠してると損する類のレベル。
実際、大黒はファンタジア大賞の最終選考まで残っている程の実力者なので、その力は駆け出しのプロとなんら遜色ない。

前作のフルメタを読んでいないとどうなのか。
そういう不安もとりあえずは持たなくて良い。
知っていればより楽しめるが、別に知らなくても充分面白い『ボーイミーツガール』物のSF。

宗介とかなめの、あのやり取りが好きだったフルメタファンも安心して良い。
あの手の絡みがきちんと新主人公とヒロインに割り当てられている。
フルメタのキャラも1巻からかなり出ていて、ファンならついニヤニヤしてしまう場面もちらほら。

このままシリーズ化しても充分代表作になっちゃうじゃんね。
なんてうらやま……いやけしからん……
とまあ、そんな感じ。

フルメタが好きならまず読んで損は無いかと。
フルメタを全く知らないなら、1~2巻と短編を1~2冊さらっと読めば、似た感触は掴めると思われ。

おすすめ:
★★★★☆
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

えーりん(椎名)

Author:えーりん(椎名)

ブログ内検索
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。