その日運命に出会っちゃったみたいな

グランブルーファンタジーはじめました

画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


・はじめに

食べ、飲もう。我々は明日死ぬのだから。
死生観をモチーフにした作品の多くはメメント・モリと呼ばれる警句を用いるがしかし、エロゲにそんな小難しい話は関係ねえんですよってわけで。

キャラ萌え泣き路線のトラウマ解消ゲー。
トラウマ解消は主人公ではなくヒロイン側。




タペストリー -you will meet yourself-



R.U.R.U.Rと同じ会社だからムービーは多分picture.libに収納されてると思うんだけど、そもそもタペストリーのlibファイルからExtractDataで抽出出来なかったから詳しいことはわからない。

・構成

0話から10話まである。
0話がプロローグで、共通ルートは7話終了まで。

・音楽

取り立てて良くもなく悪くもなく。

・システム

必要最低限は揃っているのだが、色々と遊び心を入れてるのがぶっちゃけ使いづらくて邪魔。
右クリックで出す情報ウインドウがちょっと使いづらい。
バックログが読みづらい。

解像度が横長で、最近流行の縦書き文章というよりは、漫画っぽい演出。
リトルウィッチのFDDに似てる。

キャラの立ち絵と背景が凄い良く動いて感動する。
しかも違和感がない。
でもエロイベントまで背景動かすのはやり過ぎで笑った。
ギャグかそれ。ギャグなのか?

・攻略&キャラ批評

攻略キャラは、ひかり、詩、美那、紗希、遥海の5人。
幼なじみとお嬢様とロリツンデレとロリ後輩と性格変な先輩。

共通ルートにおける選択肢がかなりのウェイトを占める。
選択肢の数もかなり多い。
正直フラグ管理がかなり面倒くさいから、目当てのヒロインにストーキングするしかない。
未読txtはヒロイン毎に回収した方が良い。

攻略サイト見ながらのプレイ推奨。

・最後までプレイできるか

キャラに萌えられるか? に全てがかかってる。
嫌いなキャラを最後までプレイするのも、特に興味のないキャラを最後までプレイするのも苦痛を伴う。
理由は主人公が死ぬの決まっててもう達観しちゃってるせいで、主人公サイドの懊悩が無く、主人公がヒロインのトラウマ解消して残していく展開だから。
そのせいでどのキャラも内容は違えど概ね似たような展開で進む。
つまりヒロインのトラウマ解消ゲーですってこと。
主人公、あるいはヒロインに感情移入出来なきゃ積み。




・総評

おい絵が凄い好みなんだが。
ていう理由でやったんだけど、やっぱり絵だけでしたっていうね。

CGとか背景ばんばん動いちゃったり拡大縮小しちゃったりモザイクかかっちゃったりして凄いんだけど、エロイベントでも背景動くのがマジでうけるんだわ。
これは一見してもいいと思う。ギャグ的な意味で。

シナリオはどうってことない。普通。
メメント・モリのネタって結構使い古されてるから何が難しいって、キャラに感情移入出来るか否かが一番難しいんだよな。
残念ながらキャラに感情移入できませんでしたすみません。
ということで半年以上に渡り積んでたこのゲーム。
多分感情移入できれば泣けると思う。基本スイーツだし。

共通ルートはまあ可もなく不可もなくだと思う。
選択肢凄い多いけどその分長いし、1話毎にヒロインに主人公の病気がばれていく展開だから、長さと選択肢の数が比較的理にかなってる。

目立って悪かったのはバックログの読みづらさだった。
読みづらいバックログの中でも一、二を争うレベルじゃないかこれは。
キャラの名前と台詞を一緒の段落、文字色にしないでくれよ。読みづらい。

点数:75点

09122801_convert_20091228014147.jpg
とらドラの手乗りタイガーに見えない? 見えないかな……
ツンデレだし大河だと思ったんだけど。
キャラ絵以外は一角の凡作でした。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

えーりん(椎名)

Author:えーりん(椎名)

ブログ内検索
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。