その日運命に出会っちゃったみたいな

グランブルーファンタジーはじめました

画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画像

同人で話題になったキラークイーンのPC版である、シークレットゲーム-KILLER QUEEN-DEPTH EDITIONをやってみることにしました。
結構面白そうな設定だったので楽しみにしてたんですが、あっという間にエピソード1が終わってしまった……
何これ。
みじけえええええええええええ。
そしてメタ視点がすげええええええええ。
キャラクターの心情とか身の上とか、そんなあっさりばらさないでおくれよ。

ちなみに設定というか、ゲームのルール。

シークレットゲーム ルール

■ルール1

参加者には特別製の首輪が付けられている。
それぞれのPDAに書かれた条件を満たした状態で首輪のコネクタにPDAを読み込ませれば外すことができる。

条件を満たさない状況でPDAを読み込ませると首輪が作動し、
15秒間警告を発した後、建物の警備システムと連携して着用者を殺す。

一度作動した首輪を止める方法は存在しない。


■ルール2

参加者には1~9のルールが4つずつ教えられる。

与えられる情報はルール1と2と、残りの3~9から2つずつ。
およそ5、6人でルールを持ち寄れば全てのルールが判明する。


■ルール3

PDAは全部で13台存在する。

13台にはそれぞれ異なる解除条件が書き込まれており、ゲーム開始時に参加者に1台ずつ配られている。
この時のPDAに書かれているものがルール1で言う条件にあたる。

他人のカードを奪っても良いが、そのカードに書かれた条件で首輪を外すことは不可能で、
読み込ませると首輪が作動し着用者は死ぬ。

あくまで初期に配布されたもので実行されなければならない。


■ルール4

最初に配られる通常の13のPDAに加えて1台ジョーカーが存在している。
これは通常のPDAとは別に、参加者のうち1名にランダムに配布される。

ジョーカーはいわゆるワイルドカードで、
トランプの機能を他の13種のカード全てとそっくりに偽装する機能を持っている。
制限時間などは無く、何度でも別のカードに変えることが可能だが、
一度使うと1時間絵柄を変えることができない。

さらにこのPDAでコネクトして判定をすり抜けることはできず、
また、解除条件にPDAの収集や破壊があった場合にもこのPDAでは条件を満たすことができない。


■ルール5

侵入禁止エリアが存在する。

初期では屋外のみ。

侵入禁止エリアへ侵入すると首輪が警告を発し、
その警告を無視すると首輪が作動し警備システムに殺される。

また、2日目になると侵入禁止エリアが1階から上のフロアに向かって広がり始め、
最終的には館の全域が侵入禁止エリアとなる。


■ルール6

開始から3日間と1時間が過ぎた時点で生存している人間を全て勝利者とし
20億円の賞金を山分けする。


■ルール7

開始から6時間以内に人を殺すと、殺そうとした者の首輪が作動する。

過失や正当防衛は除外。


■ルール8

指定された戦闘禁止エリアの中で誰かを攻撃した場合、首輪が作動する。


■ルール9

カードの種類は以下の13通り。


A:クィーンのPDAの所有者を殺害する。手段は問わない。

2:JOKERのPDAの破壊。
 またPDAの特殊効果で半径で1メートル以内ではJOKERの偽装機能は無効化されて初期化される。

3:3名以上の殺害。首輪の発動は含まない。

4:他のプレイヤーの首輪を3つ取得する。手段を問わない。
 首を切り取っても良いし、解除の条件を満たして外すのを待っても良い。

5:館全域にある24個のチェックポイントを全て通過する。
 なお、このPDAにだけ地図に回るべき24のポイントが全て記載されている。

6:JOKERの機能が5回以上使用されている。自分でやる必要は無い。近くで行われる必要も無い。

7:開始から6時間目以降にプレイヤー全員との遭遇。死亡している場合は免除。

8:自分のPDAの半径5メートル以内でPDAを正確に5台破壊する。手段は問わない。
 6つ以上破壊した場合には首輪が作動して死ぬ。

9:自分以外の全プレイヤーの死亡。手段は問わない。

10:5個の首輪が作動していて、更に5個目の作動が2日と23時間の時点よりも前で起こっていること。

J:「ゲーム」の開始から24時間以上行動を共にした人間が2日と23時間時点で生存している。

Q:2日と23時間の生存。

K:PDAを5台以上収集する。手段は問わない。



ね? 面白そうでしょ?
僕もこれ見て面白そうだと思ったんだ。
でもやってみてびっくり。
推理要素とか、誰がどのカード持ってるのかとか、速攻でばらされるwwwwww
なんぞそれwwwwww
しかも『そのとき誰それはこんなことを思っていたのだった』とかそういう死亡フラグを凄い直球で出す。
案の定死ぬ。
ひどい。ひどすぎる。
もしかしてこのゲーム、最後のミスリードがやりたかっただけちゃうん?

でもまああと3エピソード残ってるみたいだし、もうちょっとプレイしてみようかな。




ところで、今日帰り道で亀を見ました。
『亀なんて珍しくねえよ』なローカル地方にお住みの方には申し訳ない。
僕の住むこの場所は、亀が珍しい。
狸はいるけど、亀はいない。

歩いていると何やら砂利を踏むような音が聞こえたのでそちらに顔を向けると、亀が歩道に乗り上げようとしているところでした。
でも惜しい。
亀の後ろ足が歩道に届かない。
あと僅か足りない……!
脚が歩道のさきっぽに引っかかる。
ずり落ちる。
もう一度ひっかける。
落ちる。
ひっかける。
落ちる。

いつまで経っても、上れる気配がない。
諦めて回り道すればいいのに、所詮は爬虫類か。
持ち上げて歩道に置いてやると、そのままのっそり歩み去ってしまいました。
礼も言わずにこの仕打ち。
僕は浦島太郎にはなれなかったみたいだ。
助けるのはウミガメじゃないとだめなのかもなー。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

えーりん(椎名)

Author:えーりん(椎名)

ブログ内検索
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。