その日運命に出会っちゃったみたいな

グランブルーファンタジーはじめました

画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日寒かったからなのか、傘忘れて雨に打たれてしまったからなのか、多分雨のせいだろうと思ってる。
ちょっと風邪気味。だるいです。

そういえばもうこのブログにしてから2年経ったんだよね。
Yaplogしてた頃が懐かしい。
もう二度とあそこには戻らん。




最近Gvでクリエの出番が無いから紹介だけでもしておこうかと。

screenloki005.jpg

何故LUKなのか。
見た人はみんな突っ込む。
何でLUKなんだよwwww と。
だから今ここで説明しよう。

このクリエを作ったのはクリエ実装間もない頃で、Loki鯖のGvは劇重だった頃でした。
ステータスは育成初期段階で既にINTはカンストにしようと決めていましたが、当時主流であった二択
・I>V>D
・I>D>V
のどちらで行くかが悩みどころでした。
どちらもバランスの取れた良いステータスであるとは思いましたが、個性がない。
ぶっちゃけると、クリエといえばそのステであり、平地制圧かER防衛という運用しか出来ませんでした。
DEXにちょびちょび振りながら、どうしようかと悩んでましたが、このステではERでロキ地帯を抜けてロキにADSを投げるのはかなり難しいということに気付き、DEXをカンストさせて強引に投げてみようと思いました。
人柱的な冒険でした。博打とも言うかもしれない。

I=Dカンストの96歳になって、次の97歳でVITを振るときにふと思いました。

『このステでVITに振ると言うことは、スタン耐性というよりはHP増強とアイテム回復量の増大が目的だ』
『どうせこの鯖状況じゃその程度増えたところでたかがしれているし、ロキブレイクが目的なら別の補助ステに回してしまっても大差無いんじゃないか?』

とまあこんな感じに。
また、当時はADSの製薬による純利益がひどいぼったくりで、作って売るだけで凄まじい利益が出ていました。
露店もほとんど独占状態でしたし。

『クリエ育成のせいでお金も無いし、そろそろゴスも欲しい』
『クリエのジョブ補正のおかげで、I=Dだけでも普通のケミ並の値段でADSが作れる。』
『じゃあもういっそのこと、準製薬タイプにしてしまえ!』

こうしてI=D>Lの変なステータスのクリエが完成したのでした。まる。
ちなみに一月の売り上げが100M近くとかもざらだった覚えがあったりして。




とまあ、制作秘話みたいなこと書き連ねましたが、ちょっと前ならいざ知らず、そこそこの資産を持っているならI=D>Vが今一番良い選択肢ではないかと思います。

というのも、ダークバシリウムとV鎧のおかげでスタン耐性は強引に100%に出来ますし、オル手とスケルトンマント(これはずっと借りたままなんだけど…)のおかげで頭をダークバシリウムに固定したまま無詠唱が可能になります。
ミョルが無くても個人でお手軽無詠唱。
基本的には後衛の位置だから特に肩を気にする必要も無く。

でもそれと同時に問題が発生したのにも目を背けちゃいけないことなんですよね。
軽くなってADSを投げる個数が増えた。
約2倍以上になったと感じてる人が多いです。
だから、クリエを出していた人の取った選択は二つあります。

・自腹部分を増やす
・投げる個数を節約する

しかしこの投げる個数を節約するという選択肢はいかがなものか。
少人数のPvじゃないんだから、取捨選択して投げるなんて無理なんじゃないだろうか。

『教授と雷鳥にしか投げません!』

とか言われてもそれもどうかと思います。
誰彼かまわず投げて良いとは言ってないけれども、それでも投げ始めたら基本的には死ぬまで投げてしまえと言いたい。
クリエには思い切りの良さが大事なんじゃないかと思ってます。

投げる個数の目安は500~600。
戦闘が少なければ200~300。
それだけ投げるのであればADSだけで5~6Mは最低でも自腹にするべきだし、個人での自腹がきついなら誰かに手伝って貰ったりすべきだし、出してる人に募金すべきなんじゃないだろうかと、そう思う。
投げているならという条件が付くけれども。

一人500kの募金でも10人で5M。
そういうクリエが1同盟に4人いたとしても一人2Mの募金。
別に不可能でもなんでも無い気がするんだけど、そうはいかんざき!! というのが現実だったりするんだけどね。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

えーりん(椎名)

Author:えーりん(椎名)

ブログ内検索
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。