その日運命に出会っちゃったみたいな

グランブルーファンタジーはじめました

画像

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画像

デモンペインやらファントムやら、次々と良作を出してきたニトロプラスが送る、人生リベンジゲーム。
果たして誰もが認めるハッピーエンドに辿り着けるのか!?








OPムービーというものはありませんが、タイトル画面で放置しておくと上のデモムービーが流れます。
一度クリアすればExtraが、ALLクリアすればライナーノートが解放されます。
公式に修正パッチがありますが、これを入れると以前のセーブデータが使えなくなるので、プレイする前に入れた方が良いです。

・構成

ADVパートのみです。
例外を除いて、キャラ別に好感度を上げ下げする選択肢でフラグを管理するのではなく、特定の選択肢を選ぶことでルートを決定するフラグ管理を行っています。
一週目と二週目があり、一週目がプライスレスになってます。
一度でもエンディングを迎えた状態で初めからゲームを開始すると、上に貼ったプレイ動画の最初にある

「しーきゅー。しーきゅー。」

という所は見ることが出来なくなります。これはゲームの仕様によるものです。


・音楽

全部で43曲と歌が6曲。
結構カッコイイ曲もあって悪くはない。

・キャラ別批評&攻略

攻略、というかエロシーンのあるキャラは意外と多い。
スピカ、ガーネット、ミラ、日下部、沖、アリデッドの6人。
しかし、ノーマルなシチュエーションが少ない。
そもそも絵柄の時点で人を選ぶので、色々どうかとも思う。
スピカは割と普通な気がするのだが、ガーネットとアリデッドは魔乳。
ミラはガチロリだし、日下部は間違いなくアブノーマル。
沖も微妙に外れてる気がする。

攻略について

まずプレイヤーは一週目をクリアしなくてはならない。
攻略に関する選択肢の紹介は他のページを見ていただくとして、ここではhttp://desertrain.sakura.ne.jp/kouryaku/2008/nitro_smg.htmlのサイトを参考にして、一週目と二週目以降の理解しにくいフラグについて説明することにする。

選番0 初回プレイ時についてのフラグ 重要なフラグ

ゲームスタート時に$ClearLフラグがOFFになっている場合、選番0が出てくる。
このフラグがONになるのは1週目のクリアが条件。
選番1_21を通過した時点でフラグがONになり、以降このフラグをOFFにすることはゲームをプレイしているだけでは不可能。
一度データをコンフィグでクリアしたり、クリア後のライアーノートに書かれている方法を使うなどしないと、永遠に一週目をプレイすることは出来ない。


選番add_1 $Supika_otherフラグ

このフラグは二週目以降の選択肢であるが、このフラグをONにしなければ日下部(Sweet Memory Goes on )、沖(Saraba Mitsu Getsu)、ガーネットtrue(Super Mind Game )、ミラtrue(See The Magical Gold-Star) のルートに入ることが出来ない。
ただし、スピカtrue(SakuraMauGakuen)に関してはこのフラグの有無は関係無い。

ぶっちゃけて言ってしまうと、二週目以降はこのフラグをONにしなければ話にならない。

選番add_5 $Supika_true_flagフラグ とても重要なフラグ

このフラグについて解説するには、少し選番を遡って説明する必要がある。

前述の$Supika_otherフラグをONにした場合、選番1_4の$新聞部で解説、もしくは、$生徒会で解説フラグを通過した後、add_2で$Kusakabe_routeを、add_3で$Oki_routeフラグをONにすることが出来る。
これらのフラグがONの場合、選番1_7を通過した後、フラグ判定分岐が行われる。
$Kusakabe_routeがONの場合、選番a_1(日下部ルート。途中でb_1のミラルートに分岐可能)へ。
$Oki_routeがONの場合add_4を経由して選番c_1(沖ルート。途中でd_1のガーネットルートに分岐可能)へとルート分岐する。
つまり、$Supika_true_flagフラグをONにした場合はスピカtrue。OFFの場合はそれ以外のキャラルートに行くことが出来るようになっている。

さて、ここでようやく本題に入ることが出来る。
$Supika_otherフラグをOFFにした場合は、一週目と同じルートを通りながら、選番1_15まで行くことになる。
1_15を通過した後、二週目以降の場合は選番add_5が現れる。
ここで$Supika_true_flagフラグをONにした場合はしばらく一週目と同じルートを通った後、選番1_17の後にフラグ判定が行われる。
そしてadd_6に入った後、スピカtrue(SakuraMauGakuen)を見ることが出来る。

では$Supika_true_flagフラグをOFFにした場合はどうなるのか?
実はこのフラグをOFFにすると、また一週目と同じルートをたどることになる。

それは何故か?
これは一週目の構成が以下のようになっている事に起因している。

一週目はスピカルートから強制的に開始される。
スピカルートが終わった後にエンドクレジットは流れるが、そのまま一週目は続いている。
次に始まるのはガーネットルートで、これが終わると更にミラルートが始まる。
しかし、二週目をプレイするのに必要なのはスピカルートクリアだけであり、ガーネット、ミラのルートクリアは必須ではない。
選番0についてのところで述べたとおり、スピカルートをクリアしてしまうと$ClearLフラグがONになってしまい、一週目をプレイすることが出来ない。
これではもし二週目以降が独立してしまっていると、ガーネットnormal(Sad Mad Goodbye)、ミラnormal(Shoot the Miracle Goal )を見ることが出来なくなってしまう。
それを回避するために、ゲーム開始時に$ClearLフラグのONOFF判定。
そして二週目であるにも関わらず、一週目と同じテキストを使用しているのである。
これにより、もしガーネットnormal、ミラnormalを見ずに二週目以降をプレイすることになっても、きちんと見ることが出来るようになっているのだ。

言うまでもなく、このルートはスピカnormalルート(She May Go)も兼ねているので、一週目で取り忘れたCGも回収可能。

・総評

世界観がとても素晴らしい作品でした。
ただしキャラ絵が特徴的なのが辛いところ。
また、初回プレイ時は凄いな! と思うのだけど、しばらく進めていくと段々粗が見えてきます。

点数は80~85点。かなり高評価を出せます。
ただ最後までやっても、どうにも物足りない感が残ってしまうので、そこらへんがマイナス点かなと。

お勧めは一週目全ルート→日下部→沖→trueENDです。
3人娘のtrueは別に無理して見なくてもいいでしょう。条件にも入ってないし、ただでさえ時間かかるし。



ちょっとだけネタバレ感想

二週目プレイに必要なのがスピカルートだけとはいえ、このルートだけクリアして二週目に行ってしまうとなんだかしょんぼりしてしまいいます。
とにかく、頑張ってミラルートまで終わらせない事には二週目プレイがままなりません。
二週目のスピカ、ガーネット、ミラtrueはなんというか蛇足感が否めません。
真のEDを見るためには日下部、沖ルートをクリアすれば見られるのですが、それじゃあ魔女娘3人のtrueはどうすんだ…という感想を抱きました。
世界観の設定上仕方ないとはいえ、これらのEDは一週目に比べてかなり強引な終わらせ方。
まあわざとなんだろうけど、凄まじい程のご都合主義で、おいおいそこまでしなくてもーといった感じ。

あとは、欲を言えばもう少し川島と主人公の絡みが見たかった。
出番、あれだけかよ…
アリデッドとかいいから川島さんを…もっと全面に出して欲しかったな。難しそうだけど。

面白かったんだけど…あと少し! あと少し何かが足りないんだ!!
なんだろうなー。このもやもやは。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

えーりん(椎名)

Author:えーりん(椎名)

ブログ内検索
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。